講座情報とRyu yogaブログ

岩戸開きとは自分のハートを開く 魂に目覚め


こんにちは !

ヨガトレーナーのhanaです !

今回ご紹介する音声は

高千穂の天の岩戸神楽です

 

神楽は、神々を招いて人と共に楽しむ

めでたい宴の場での歌と舞のことです

 穢れを祓ったり五穀豊穣祈願を目的としてます

 

起源は神話の時代に遡り、天照大御神が

天の岩戸に隠れた時、呼び出すために舞った

舞に起源を持つと伝えられています

 

様式自体は、平安中期頃に完成し

国の重要無形民俗文化財です

 

実際に見た時、

古事記や日本書記などの神話の神々が

語られている、程度の予備知識でしたが

"縄文のDNAの活性"

と浮かびましたので

 

なぜ縄文?と思い、調べてみると

「現在は神道信仰に基づく行事として

行われているが、実態は

狩猟採集文化や農耕文化の名残

(略)が混在する」(by wiki)

 

また、高千穂では陣内遺跡、セベット遺跡

梅ノ木原遺跡など縄文遺跡も

いくつか見つかっており

縄文の記憶も色濃く残す土地柄でした!

 

縄文時代と言うのは

自然と共生し調和的な生き方をしていた

時代だったと言われています。

 

物質的発展の只中にいる私たちは

発展と自然との共生、調和が

バランスをとっていく時代におり、

11人がハートを開き

魂が目覚めていくことで

次の岩戸開きが始まっていくのかもしれません

 

★映像

「縄文の記憶と繋がる

高千穂神楽

~予祝効果で非日常を日常へ!!~」

 

日本には古来から

予祝と呼ばれる伝統があり

 

お正月やお花見にお祝いをして

年の豊穣であったり幸運を祈ってきました

 

神々を招いためでたい宴の場での音を鳴らし

祝いのエネルギーをぜひぜひ

受け取ってみてください !!

 

0:001:00

イザナギ、イザナミ二神の夫婦円満の舞

 

1:002:00

手力雄の舞

力の強い神の舞

 

2:007:36

天照大神を誘いだそうとする鈿女の舞

*③の部分はフルパートですが、

スマホの位置が悪くほとんど

演者が映っていません泣泣

場のエネルギーと音で

楽しんでいただけたらと思います。。

  ↓  ↓

 

 

高千穂は神話の里であるだけでなく、

縄文の記憶も色濃く残っていることが

行って初めて実感できました。

 

神話には出てこない

縄文の女神瀬織津姫の記憶も

いたるところに残ってましたので

またご紹介できればと思います

 

★初心者でも3日間で
ヨガ療法士 資格取得はこちらです★


講座内容詳細は
⇓ ⇓
https://ohayoga.wixsite.com/okinawa-yoga-ryouhou

 

ヨガ療法士3日間 養成講座

各地での開催スケジュール

沖縄、那覇

ハートを開き人生を導く

自分で自分を癒すヨガ
 
<第 27 期>11/22(金)23(土祝)24(日)
申込締切り 11/15(金)

<28>12/10()11()12()

申込締切り 12/3()

<29>12/13()14()15()

申込締切り 12/6()

<30>12/17()18()19()

申込締切り 12/10()

*2019年度はこちらの講座で最後となります 

高千穂

(満員御礼ありがとうございます!)

10/28(月) 29(火) 30(水)

 

ハワイ、ワイキキビーチ

「過去を癒すヒーリングの楽園

自分だけの物語を生きよう」

 11/26(火) 27(水) 28(木)

 

#旅ヨガ #ヨガ起業
ヨガで自分も周りもハッピーに 🐬

 

お申込みはお早めに!

----------------------

HP「Ryu Yoga」で検索

ryu.yoga.info@ryu-yoga.link

沖縄ホリスティック協会 直営校

 

トップへ戻る